ETYLOG

Hansel and Re-Gretel? CNN 10 - November 27, 2017

 今回はアメリカで開かれたお菓子の家作りの大会に関する話題です。

edition.cnn.com

紹介している分は、8分50秒辺りから始まります。

例のごとく大学受験レベル以上の単語や表現には下に訳をリストアップしているので参考にしてください。

 

CNN 10 - November 27, 2017

AZUZ: The Christmastime tradition of making ginger bread houses is believed to date back to Germany, in the 1500s.
But America's national ginger bread house competition dates back to Asheville, North Carolina, in 1992.

Today, it's grown to include 170 entries from the U.S. and Canada.

The sweet creations are judged on how they look, how creative they are and how hard they were to cook up.

How do judges take on such a delicious responsibility? Gingerly.

I'm sure there are moments when they wonder if they can Hansel all the competition and there are probably also moments of re-Gretel.

Winning is the icing on the cake, but losing, that’s just the way the cookie crumbles. At least you still get your just-desserts.

  • ginger bread houses: 生姜を用いたお菓子で作った家
  • date back to: ~に遡る
  • competition: 競争、試合
  • Asheville: ノースカロライナ州西部のアシュビルという都市

 

解説

まずはsweet「可愛い」とcook up「作り上げる」というこの話題に関係あるだろう表現が並びます。

 

Gingerlyは「極めて慎重に」という文字通りの意味と、「ショウガ」を意味する「ginger」とを掛けています。

 

Hanselは「取り組む」という意味のhandleが本来の意味で、その後に出てくるRe-Gretel本来の意味は「後悔」の regretが本来の意味です。これら二つは言うまでも無いですが、Hendel and Gretel(ヘンデルとグレーテル)のお菓子の家が出てくるグリム童話の主人公の名前と掛けています。

こういうフレーズが思い付くCarlの知的センスには憧れます!

 

icing on the cake「良いことに更に良いことが重なること」の意味です。icing(: 下の図のようなクッキーやドーナッツの上に乗せるための、砂糖と卵白や水を練り混ぜて作った砂糖衣)と掛けています。

http://www.cotta.jp/upload/save_image/contents_group/12141104_5850a8ac8a811.jpg

 

また、the way the cookie crumblesで「物事はそういうものだ」という意味を表し、これらの表現を含む「Winning is the icing on the cake, but losing, that’s just the way the cookie crumbles.」を訳せば、「勝利は嬉しいものであるが、負けることもあり、それは(クッキーが簡単に砕けるように)物事の道理である。」という感じですかね 笑

 

最後のjust-dessertsは「因果応報、身から出た錆」という意味のget one's just desertと言う表現と、デザートを掛けています。

 

今日は凝縮された中身の詰まったPansが炸裂しました!

次回の解説もお楽しみに!

 

 f:id:autosartisan:20171127144938j:image

 

 

Iron man - CNN 10 Nov 10, 2017

 お久しぶりです。長い間中断していましたが、ふと思い立ったが吉日という感じで再開することにしました。最後にブログを書いたのは見直すと三ヶ月前ぐらいですねー。サボりすぎ自分 笑

 今後も気が向いた時に書いていくのでよろしくお願いします。

 

 さて、今回は空飛ぶアイアンマンのギネス記録の挑戦についての話題です。8分00秒辺りから↓

 

CNN 10 - November 10, 2017

AZUZ: Real life Iron Man suit, a good start. Six kerosene fueled jets at your finger tips, getting better. Guinness World Record for the fastest speed ever set in a body controlled jet engine powered suit, "10 Out of 10".

 

 This is Richard Browning and his amazing gravity-defying invention. And because he was able to jettison himself across the lake at 32 miles per hour, he achieved a new world record, even if he got soaked right afterward.

 

 A challenge like that would test your mettle. It’d take nerves of steel, a stomach of iron, a budget of gold and a silver of courage to go for a

record that could be called platinum even if it eventually tarnishes when someone sinks or foils it by getting the lead out with the quicker silver speed.

  • kerosene: 灯油
  • defying: defy(無視する)
  • jettison: 投げ捨てる
  • get soaked: ずぶ濡れになる
  • afterward: その後 (right afterwardでその後すぐにという感じ
  • get the lead out: 急いでやることをする

 

解説

まずmettleは根性という意味ですが、ここでは発音の似ている金属のmetalと掛けています。

 

take nerves of steelは鋼の精神、つまり鋼ほど強い「不屈の精神が必要となる」という意味の熟語です。

 

stomach of ironですが、腐った食べ物を食べても平気な人の胃のことを英語ではIron Stomachと言います。面白いですね 笑

 

その後gold,silver,platinum(金、銀、プラチナ)と続き、even if it eventually tarnishつまり、たとえもしその輝き(金属としての輝きとギネス記録としての名誉)を失ったとしても...と金属の単語が並びます 笑

 

when以下のfoilは動詞では「成功を無にする」という意味ですが、名詞では「金箔」を意味します。同様に、sinkも他動詞では「沈める」で、名詞では「台所の流し(金属で出来ている)」を意味する訳です!また、Carlの発音ではZincsと聞こえるので、金属の「亜鉛」とも掛けています!!!

 

 quick silverというのは名詞では「水銀」を意味しますが、形容詞では”変化が絶えず快活な感じ”を意味します。ここでは「素早い」ぐらいに訳すといいんじゃないですかねー。

ちなみに、水銀は英語では一般的にMercury(水星)と表現されますが、水星と言えば地球から見れば忙しなく動いている天体の一つです。これと似た水銀の流動性から、水銀はMercuryとも呼ばれるようになりました。QuickSilverにもQuickという単語が含まれていますね!

 

ということで以上、今回は金属に関するpansのオンパレードな内容でした。

 

 

追記: 最近雑誌のTIMEを読み始めたので、ネタ系の記事だけではなく、真面目な話題についても今後書いていこうと思っています。お楽しみに!

 

サンタも不眠症は辛い- CNN 10 Aug 23, 2017

 

 今回はアメリカのちょっとお高い夜行バスについての話題です。面白いpuns(言葉遊び)が炸裂するので必見です!

今回取り上げた分は、8分50秒辺りから始まります。

例のごとく大学受験レベル以上の単語や表現には下に訳をリストアップしているので参考にしてください。

 

CNN 10 - August 23, 2017

AZUZ: Normally, it would take around 45 minutes to fly from Santa Monica, California, to San Francisco, or just under six hours to drive. This bus does it in eight hours and costs more than 100 bucks for a one-way trip. So, why would you take it?

Because sleep. Cabin is its name, hoteling is its game. It calls itself a boutique hotel that sleeps 24 guests and takes a slow comfortable, overnight drive from one city to the other. 

So, if you're looking to catch some Zs while getting from A to B, if road trips bore you to sleep, or if you suffer from Santa-in-somnica, you can see why some folks might want to hop on that omnibus and catch some cabin fever

I`m Carl Azuz for CNN 10 and we`re leaving the station. See you tomorrow.

  • buck: ドル(くだけた言い方)
  • boutique hotel: 質の高い小規模なホテル(ラブホテルではない)
  • slow: 副詞
  • look to do something: しようと思う
  • folks: 人々
  • hop on: 飛び乗る( ちなみに、hop on hop off busは一日中乗り放題のバスです。
  • omnibus: omni-(ラテン語でallの意味)→バス

 

解説

catch some Zsは(-_-)zzzのような顔文字から連想されるように、💤を捕まえる、つまり「眠りにつく」という意味で、get from A to Bは「一つの場所から別の場所に移動する」という意味です。どちらも大文字のアルファベットが入ってますね(笑)

 

 次のSanta-in-somnicaですが、insomnia「不眠症」とSanta Monicaを掛けた表現です。何故わざわざ最初にSanta Monicaの地名を出したのだろうと思っていたら、こんなところに出てきました!

 

 そして、極めつきはcabin fever!意味は「ずっと屋内にいてイライラしている状態」で、バスの名前のcabinと掛けています。

さらには最後にleaving the stationなんて言ってるわけですが、彼の得意げで楽しそうな表情を見てると毎回見てるこっちまで楽しくなりますね(笑)

 

 ちなみに、サンタモニカからサンフランシスコまではバスなら安くて30$で行けるところですが、100$もかかるとなると飛行機で行くのとあまり値段は変わりません。それだけ快適で有意義な時間を過ごせるのでしょうか?日本の夜行バスは寝れないイメージがありますが、これだけフラットで個人の空間が確保されていれば、快適に過ごせるかもしれません。是非アメリカで旅する時は一度使ってみたいです!

Cabinの公式サイトはこちら↓

 

 今日はここまでです。是非コメント、ツイッターのフォロー等よかったらして行ってください!

f:id:autosartisan:20170825052653j:image

Robots dancing simultaneously - CNN 10 Aug 22, 2017

今回は中国のとある企業が成功させた同時にダンスをするロボットの数の世界記録についての話題です。例のごとく、大学受験レベル以上の単語、難しい表現は下に訳をリストアップしてあるので、参考にしてください。

8分50秒辺りから↓

 

CNN 10 - August 22, 2017

AZUZ: Our last segment today is making news for making moves. Once they are lined up and lighted up, these mechanical marvels stand up to get down in a synchronized shindig that strove to set a record. 

It's clear they were all in sync, though, of course, all they could really as a robot. Because they were almost 1,070 of them doing that, though, they set a Guinness world record for most robots dancing simultaneously

OK, maybe they were just going through the motions, but once they got in gear, nothing interrupted their regularly scheduled programming. And you can see how well they were all connected to the dance circuit. 

I`m Carl Azuz and that pulls the plug on CNN 10. We hope you'll step back up tomorrow.

  • segment: sec-(切る)→枠
  • mechanical marvels: 機巧の驚異(robotのこと)
  • synchronized: synchronize(同調する)の過去分詞
  • shindig: 舞踏会
  • strove: strive(努力する)の過去形
  • sync: 同調
  • simultaneously: 同時に
  • interrupt: inter(中に)→邪魔をする
  • regulary: 規則正しく

 

では、解説です。

got(get) in gearは「動かす」という意味で、例えば、You'd better get your ass in gearで「早くした方がいいぞ」のように、ギアを入れて何かを動かすというニュアンスがあります。そのままですね。

 

pulls the plug onはプラグを引っ張るというニュアンスから、「撤退する、打ち切る」という意味で、かっこよく言えば、「けりをつける」とも言います。

 

step back upは聞いたことがない表現ですが、step backで「立ち止まって少し考えてみる」、back upには「備える」の意味があること、また文脈的に考えて「備える」のニュアンスがあります。

 

 以上の三つの表現には機械に関する表現、gear, plug, back upが含まれており、言葉遊びであることが分かりますよね!流石、色んな言葉を知っていて知的センスを感じさせます。

今日の解説は短いですが、ここまでです。それではまた!

f:id:autosartisan:20170824101501j:image

Get ovenとは?-CNN 10 August 21, 2017

今回からcnn 10(アメリカの中〜高校生向けレベルのニュース動画)について、面白いと思った表現を徹底解説していきます。リンクはこちら↓

 

 海外のニュースだからと言って、このサイトについての日本語訳は全く無いというわけではなく、一応NHKが同時通訳(simultaneous interpretation)っぽく編集したものをここCNNスチューデントニュース |NHK BS1 ワールドウオッチングで紹介していますが、同時通訳風な編集のせいでかなり雑な訳し方になっています。

そのおかげで折角のCarl(リポーターの人)の知性を感じさせるギャグセンスとその面白さが希薄になってしまっているので、このBlogではそんな面白さと表現の巧みさを、自分が気になった表現の解説によって、読者と共有し、是非彼のファンになってもらおうじゃないかと言うわけです!

 

本題です、今回は8月21日に投稿された動画の最後の内容、10 out of 10の解説です。

トピックは世界一長いピザのギネス記録挑戦について。

大学受験レベル以上の単語、難しい表現は下に訳をリストアップしておいたので、確認してください。

 

CNN 10 - August 21, 2017

CNN 10 - August 21, 2017 - CNN

AZUZ: We're giving this a perfect "10 out of 10", even if it made us all hungry. It's the Guinness World Record for longest pizza.

At more than 6300 feet, it stretches more than a mile long.(1 feet=30.48cmつまり、約1.92km。1 mileは約1.6km)

The California concoction is not low cal.

It took more than 17000 pounds of dough and almost 5000 pounds of cheese to make.(1 pound= 453.592g、つまり17000 pounds=約7.7t、5000 pounds=2.2t😱)

That took a team of over 100 people to put together. So, how do bake that? By conveyor belt.

So, if you want to beat the record, don't get mad, get oven.

Who wouldn't want a pizza that pie? It's the biggest you ever saw. It's a slice of life perfect for a show top with cheesy puns and we bake and serve it all daily at CNN 10.

  • even if〜: 例え〜としても
  • Guinness World Record: ギネス世界記録
  • more than〜: 〜以上
  • stretch: 及ぶ
  • concoction: 混ざったもの
  • cal: カロリー
  • dough: 生地
  • beat: 打ち敗る
  • who wouldn't〜?: 一体誰が〜しないだろうか?つまり、誰だってするよ
  • puns: ギャグ

 

 さて、タイトルにもあるように、問題のget ovenですが、英語にはこんな諺があります。" Don't get mad, get even."「そう怒るな、やり返してやれよ」

ここではpizzaを焼くことについて話しているので、evenを似たような響きのovenに変えたわけです!まさに匠の為せる技と言えますね!(言い過ぎ)

 

 また、その後のslice of lifeは「実生活の一コマのような」と言う意味の形容詞で、食べ物に使う表現a slice of〜: 一切れの〜(ex. a slice of bread)と掛けています。

 

 さらにcheesyは、言うまでもなく「cheesy: 安っぽくて良くない」と「cheese:チーズ」を掛けており、ここまで来るとなぞかけのネタで 有名な綾小路きみまろさんや、上着を持ってドヤ顔をする"斉藤さんだぞ、どやっ(`・ω・´)"のネタを連想させ、かつて流行ったが光の速さでテレビ番組から見なくなったねずっちもビックリですね!

 

下の動画はギネス記録を達成した時の動画です。*音量注意

ちなみに参加者たちが食べたピザの残りは、ホームレス団体に寄付されたそうです!

 

 ということで、以上Carlのpunsの解説兼、世界一長いピザの紹介(笑)でした! 今日はいつもと比べてギャグは少ない方ですが、中身のある表現で自分は聞いてて面白かったのですが、皆さんはどう思われましたか?

是非、コメントしていってください!それではまた!

f:id:autosartisan:20170824102201j:image

The Darkest Hour Is Just Before The Dawn

 

 タイトルの意味は直訳すると、"最も暗い時間帯は、夜明け前である"。

つまり、"例えツラいことがあっても、いつかはいい事があるよ"っていう意味です。日本語でもよく落ち込んでいる友達に向けて、同じように言ったりしますよね!

 

 

 さて、Hello guys. はじめまして、Reiです。

本題ですが、これからブログ(Etylog)を不定期で書いていこうと思います。

内容としては主に
・自分が学んだ英単語やその語源まとめ
・お気に入りの英語表現
・海外のニュースまとめ(CNN, USA TODAYからの引用が多い)
・また洋書や受験参考書紹介 
など、英語に関することが全般的です。

 日本生まれ日本育ちの純日本人なので、たまに和訳や英訳で誤字や文法的誤りに気付かずに投稿してしまうことがあると思いますが、もし見つけたらブログのコメントやTwitterのリプライ、DMなどで教えていただけると助かります。また、それ以外にも色んな情報共有や意見交換出来たらいいなと思っています。

 自分の向上心維持のために始めたこのブログですが、その役割を果たして自分への戒めとなり、また他人にとって価値のあるものになってくれることを願います。


*注 空前絶後の気分屋なので卒然消息不明になることもありますが、温かい目で更新が再開するまで見守っていてください。